行く 行かない

葛藤してる

不登校の子どもと接してきたお母さんはよく分かると思うが、子どもが学校には行かないと決めてしまえば、割りと楽なんだけど、行きたいけど行けない。

明日は行くって自分で決めたのに、しんどくて行けない。

行ってみたけど、疲れ果ててエネルギーなくなる……

つまり、本人はめちゃめちゃ葛藤している。

これを見ているのが、けっこう辛い。

本人辛いとまわりにあたりたくなる。

だいたいあたられるのはお母さん。

これが、お母さんとしても辛い。

 

新学期、頑張って学校に行っていても、ゴールデンウィークでホッとする。

ホッとして、力を抜いていると、休み明け学校に行くのがおっくうになる。

そんなわけで、5月はしんどい。

こんなに天気が良くて爽やかな季節なのに、なんでこんなにドヨーンとしているかなって思う。

 

これ、全部自分の体験から言っています。

 

 

あんまり口出ししない

 

 

 

 

 

 

まー そういう状況からすっかり離れたから客観的に見られるようになったのだけど、そのときは私もけっこう振り回されていた。

 

ただ、うちの場合は長期に及んだので、後半は学校に行くと言えば、学校に行くことを応援し、行かないと言えば家で心地易く過ごせるように応援した。

 

葛藤しても、苦しみながら自己決定しても、そんなことをやっているうちに、自然に自分の気持ちに正直に苦しまなくても決められるようになる。

それを見守るのはいうほど簡単じゃない。

 

でもね、あんまり口出ししないでいると、子どもは勝手に成長して行く。

 

そういうことが、分かっただけでもありがたい経験だったと思う。

 

 

大切な日の朝には、特に布団をかぶってなかなか出てこれない。

 

本人、だんまり。

 

電話はジャンジャンなってる。

 

私はどうすりゃいいのよって叫びたくなることが何回もあったけど、1回1回なんとかやってきた。

 

それでも月日は流れ、海外と日本を行ったり来たりしながら、好きなことをたくさんして、キラキラしている娘を見ると、

ひゃー 奇跡!

って思う。

 

そして、しみじみ幸せになる。

 

子どもには力がある。

 

計り知れない力がある。

 

それを信じることができるかどうかだ。

 

ちなみに「めんどくせー」って、あんまり学校に行かなかったケントもこんなに幸せになりました\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

行く 行かない” に対して6件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    中2男児がいます。ADHD、反抗挑戦性障害と診断されています。まさに昨日今日と行く行かないの最中でした。子どもも私も疲れきりました。どうにか遅刻での登校をしましたが、去年もひどい不登校をし、暴言、家の破壊といろいろあり、落ち着いてきたと思った頃にまたかと思うとそれだけでどっと疲れていました。昨日もドアを破壊し…。でも、コラムを読ませていただいて目の前がぱっと明るくなりました!行きたいのに行けない。まさにその葛藤が辛すぎ、いっそのことなら行かないと決めてほしいと思っていました。子どもの方が辛いと言うことをつい忘れがちになってしまい、口うるさくなってしまうので、信じて見守りたいと思います。

    いつも元気をいただいています!ありがとうございます!

    1. 堀内 祐子 より:

      M様

      メッセージありがとうございます。
      いやー 私もホントにしんどかったです。
      そのときはその辛さにつぶされそうになりますが、ちゃんと明るい未来はあるんです。
      つらそうな子どもを見るのだけでもしんどいのですが、そういうときこそ、きれいな花を見たり、新緑の中を散歩したりしてリフレッシュして、その良いエネルギーが家の中に満ちると良いですね。
      好きなように生きたうちの子たちは、伸び伸び幸せそうです。信じましょうね。
      明るい未来を❤

  2. バイオ幸代 より:

    おはようございます
    今日も私にぴったりのメッセージありがとうございました。
    子供の力を信じて彼に対して何も言わずにいます。
    子供に対して冷たいのかなと思っていた時に
    この記事を読みました。大泣きですです。私のように助けられている人がたくさんいると思います。そしてケントパパを応援しています。

    1. 堀内 祐子 より:

      B様

      私もコメントを読んで泣きそうになりました。
      信じることは愛です。
      すばらしい(^o^)

  3. M.O より:

    ケントさんのお子様誕生おめでとうございます! 5/9「二児のパパ」のコラムも拝見しました。そして今回のこのコラムも、希望をいただいた思いがします。お子様たちに直接お会いしたことはありませんが、堀内さんの講演や本、コラムでお子様たちの子供の頃のお話を伺い、そして現在幸せな大人になっている様子を知り、とても嬉しくなりました。私は現在、年少の娘に振り回され、心身ともに大変な子育て真っ只中。泣き叫んだりこだわる娘も辛いのだろうし、私も辛い、という日常ですが、この子が幸せな大人になれるようにというところに気持ちを置き、長い目で子育てを頑張っていこうと思います。堀内さんのコラムには励まされます。いつもありがとうございます。

    1. 堀内 祐子 より:

      Mさま

      メッセージをありがとうございます。
      大変なときは、これがいつまで続くのかと思っていましたが、そういう日が来るんだなぁと思います。
      一日一日をやっとの思いで過ごしていました。

      あんなに激しかったケントが優しいパパの眼差しで赤ちゃんを抱いているのを見ると、月日の流れはすごいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です