タリーと私の秘密の時間

重たい映画、観ました

 

「タリーと私の秘密の時間」

 

お勧めされて観て来た。

 

ザックリ言うと大変な子育てママの話

 

まぁ その「大変な」というのは、発達障害。

 

もっと詳しく言うと、自閉スペクトラム症

 

これから観る方のために詳しくは書かないけど、観終わっての私の感想。

 

「私、よくやってきたよなぁ」だった。

 

それを聞いた友だちは大爆笑だった。

 

 

封印しているわけではないが、忘れ去っていた過酷な出来事がフラッシュバックした。

 

 

映画の中に出てくる場面と重なることがあった。

 

 

「なんで、やってこれたのかなぁ?」という疑問。

 

多分、一日一日をなんとかやってきて、それを繰り返したのだろう。

 

 

観終わっての感想

 

 

 

 

 

 

 

あるとき、堪え難いことがあって、どうにもコントロールできなくなって、私はサイクロンの掃除機を叩き壊した。

 

 

サイクロンのゴミを捨てるのに、ホコリが舞って耐えられなかった。

 

ずっと嫌だった。

 

だけど、買ったばかりの掃除機はなかなか壊れない。

 

 

そこへ堪え難い出来事がやってきたわけだ。

 

 

私が掃除機を叩き壊す様子が尋常ではなかったので、そのときにたまたまリビングに居た次男は固まっていた。

 

そんなこと、かまっていられないくらい、私の精神は壊れかけていた。

 

確か、次男は中学生だった。

 

そのときは何も言わなかったが、最近になって「あのとき、お母さまは気が狂ったのかと思いました」と言っていた。

 

人生の中で、後にも先にもそんなことをしたのはそのときだけだ。

 

比較的何があっても、私は淡々としている。

 

 

だけど、そんなことがあったなぁって、思い出すような映画だった。

 

 

なぜか、その映画を観ている方は男性が多かったが、ぜひ男性に観てほしい。

 

 

あなたの奥さんがどんなふうに子育てしているか‥

 

どんなふうに子育てしてきたか?

 

子育ては放棄できない。

 

その中で、どうやって自分と向き合ってきたか?

 

あー

 

もう

 

本当に

 

私、よくやってきた。

 

逃げ出さないで、やり遂げた。

 

誰も褒めてくれなくても、自分を褒めてやりたくなるような映画だった。

 

あっ それから、自分が空っぽって感じている方は観たら良いと思う。

 

ご参考まで(^_−)−☆

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

タリーと私の秘密の時間” に対して2件のコメントがあります。

  1. 吉崎 真理子 より:

    夫は仕事から帰って夕飯を食べると、すぐに寝ます。
    日中の育児は1人で、土日も夫は午前中寝てました。
    青森→仙台→群馬→神戸から神戸→青森→町田から町田と転職の為に引っ越しをして、長女は幼稚園を2ヶ所、小学校を5ヶ所行きました(´・_・`)子育てをしながら引っ越しの準備も1人、引っ越し後の片付けも1人でした。部屋が片付いて無いと、「今日は1日、何してたの?」と言われる事がよく有りました。子供が4人になり、以前からの不満も溜まって来て、15年位前に離婚したい‼️と言ったら、荷物をまとめて1週間以内に出て行けと言われました。じゃあ、4人の子供達を置いて行きます‼️と言ったら、驚いてましたが…それから子育てに協力するようになりました

    1. 堀内 祐子 より:

      Yさま

      本当によく頑張ってこられたと思います。子どもたちも大きくなり、お互いやっと少しゆとりができましたね(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です