光と闇

どっちから来ている?

 

この世の中は結構シンプルだと思っている。

 

全てのことは、光か闇かどっちかだ。

 

もちろん、判別が難しいものもあると思う。

 

でも本来は光と闇は真反対。

 

これは光の方から来ているかな?

 

闇から来ているかな?

 

そう考える。

 

だいたい光のものは良い気持ちがする。

 

闇は嫌な気持ちがしたり、なんかモヤモヤしたりする。

 

光は愛

 

光は希望

 

光は善

 

 

闇は恐れ

 

闇は失望

 

闇は悪

 

 

だから、愛や希望や善に導くものは光。

 

不安や恐れ失望に陥れるのは闇の力。

 

 

光は勝つ

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、羊の皮を被った狼もいるから気をつけなくちゃいけない。

 

羊の皮を被った狼は巧妙だ。

 

センサーが働いて上手に嗅ぎ分けられる人もいるが、多くの人は結構騙される。

 

光と闇ははっきり、くっきり分かれているのに、なんたって外見は羊なんだから見分けるのは難しい。

 

偉そうに言っているが、私は結構騙される。

 

「なんで見分けられないんだよぉ〜」って情けなくなる。

 

良いのか悪いのか分からないが、私は基本、人を信じる。

 

多分、信じたいのだと思う。

 

何だかんだ言って、私は人が好きなのだ。

 

 

世の中はシンプルだけど、難しい。

 

だから、学びも成長もある。

 

 

話を元に戻すが、

 

良い気持ちがするか?

 

気持ちが暗くなるか?

 

 

光から来ているのかな?

 

闇から来ているのかな?

 

そんなふうに物事を見ていると光の存在と闇の存在がよく分かる。

 

 

私は、光に向かいたいと思う。

 

光を選びたいと思う。

 

闇はたくさんあるけれど、それでも闇は光に勝てないから╰(*´︶`*)╯♡

 

 

光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。

ヨハネ1章5節

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です