なんで、映画?

食べ終わった瞬間爆睡

 

孫ちゃんと「ペンギンハイウエイ」を観に行った。

 

そこに出てくる男の子は「どう見ても、自閉スペクトラム症でしょ」って感じだった。

 

キャラメルポップコーンを食べながら、ココア飲みながら観ているうちは良かった。

 

なんか両方甘々だけど、あー ホットドックも食べた。

 

あっ 今思い出した。

 

それでお腹痛いんだ(グルテン、やはりまずかったんだな)

 

そこはどうでも良いが、なんか食べているうちは良かったが、食べるものがなくなった瞬間、爆睡に入った。

 

それで、終盤の肝心なところは全て見逃した。

 

エンディングの曲だけ聞かせてもらったが‥

 

情けないことに、眠らずに観ていた孫ちゃんに「ねぇねぇ、あのお姉さんどうなったの?お父さんは?
ペンギンは?‥」と聞く羽目になった。

 

来月はめっちゃ笑える映画を観る約束をした。

 

 

本から映画

 

 

 

 

 

 

 

時々、書いているが、私は小さい頃からすごく本を読んだ。

 

次男と違って、読み方が遅いから大した量ではないと思うが、絶えずなんか読んでいた。

 

おとなになってからは、以前は夏になると身体が動かなくなり、最低限の家事をして、後はゆっくり本を読むっていう生活だった(ちなみに今はミネラルをしっかり摂るようになったので、ずっとましになった)

 

 

小さな子どもが4人いて、ゆっくり本を読むとかどうしてできていたのか謎だが、夏は案外子どもたちは好きに遊んで暮らしていたし、多分、なんとかなっていたのだろう。

 

だから、夏は特に本をたくさん読んだ。

 

 

それなのに、今の私ときたら、本があまり読めない。

 

おもしろければ、もちろん読める。

 

最初のところで「う〜ん」ってなるともうその先は読めない。

 

その代替えとして、その分映画を観るようになったのだと思う。

 

本を読むほど目は疲れないし‥

 

まぁ 歳を取ったということですな。

 

どっちにしても、本や映画などで、色々な人生や人の思いに触れて、そこで感じて、考えるのは良いこと。

 

人はみんな違うし、この人どうしてこういうことしちゃうかな?言っちゃうかな?と思っても、色んな背景があるわけで、そこに思いがいかないと?マークだらけになる。

 

いわゆる人生経験の中で自ら学ぶこともあるし、知識として蓄えられることもある。

 

そして、本や映画もその助けをしてくれている。

 

もちろん、楽しみたくて観るのではあるけれど‥

 

年齢がバレるが、シニア割引で観れるのですよ。

 

人生、終盤の人たちに対する優しい配慮だわ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

とりあえず、これからは爆睡しない映画を厳選して観ることにしょう(*☻-☻*)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です