人の幸せを喜ぶ

1年に一度のお楽しみ

 

この時期、あちこちで花火大会がある。

 

 

私は花火が大好き。

 

 

だけど、あの「ドーン」というのが怖い。

 

 

だから、花火大会には行ったことがない。

 

 

ところが、1年に一度、わが家の2階の窓から大きな花火を見られる日がある。

 

 

近所の神社から上がる花火。

 

 

もちろん、隅田川の花火などに比べれば、お話にならないくらいちょっとしか上がらない。

 

 

それでも、私は1年に一度、花火を見られるその日を楽しみにしている。

 

 

神社の花火

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、私はその日がいつなのか知らない。

 

つまり、「ドーン」と大きな音がして初めて、今日が花火の日だと分かる。

 

運悪く、だいたい夕飯を食べ始めた頃に花火が上がる。

 

 

今年、次男と夕飯を食べ始めた直後に「ドーン」という音が響いた。

 

2階に行きたかったのだけど夕飯中だし、次男を一人にするのは申し訳なく、ちょっとためらった。

 

 

すると、次男は言った。

 

「行ってきてください。
お母さまはこの日を毎年楽しみにされているでしょ」

 

「ほんとに行ってきていいの?
ご飯中なのに‥」

 

 

「もちろんですよ。
楽しんで来てください」

 

 

私は2階に駆け上がり、窓辺に座って、花火を十分に楽しんだ。

 

終わって、ダイニングに行って、次男にお礼を言うと「楽しむことができましたか?」と言われた。

 

 

「幸せな時間を過ごした」と言うと、喜んでくれた。

 

なんでもないようなできごとだけど、私は次男の優しさが胸に沁みた。

 

私の小さな楽しみを次男は知っていた。

 

どんなに私が花火の美しさが好きか‥‥

 

 

人の幸せを喜ぶことができる心の豊かさ。

 

 

そういう優しさが満ちれば、この世の中はもっともっと輝くに違いない*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

人の幸せを喜ぶ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 那須慎一郎 より:

    幸せは、何気ない日常の中にある。

    1. 堀内 祐子 より:

      Nさま

      その通りですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です