かわいいと思えた

笑顔になるように

笑顔がなくなったケントに私は何ができるかな?

つまり、ケントが笑顔になるようなことをすればいいのだ。

「ケント、晩ごはん何が食べたい?」

「ハンバーグ」

「じゃー、ケントのためにおいしいハンバーグ、作るよ」

「ケント、今日学校行けたね。頑張ったね」

「おいしいお菓子をもらったんだけど、一緒に食べよう」………

本当に小さいことを積み重ねて行ったら、ちょっとずつケントの笑顔が見れるようになってきた。

ケンちゃん、かわいいね

そんなある日、ケントはいつものように学校に行かず、ゴロゴロしながら、マンガを読んでいた。

子ども部屋のベランダで私は洗濯物を干していた。

いつもと変わらない、その状況の中で私は突然、ケントがかわいいと思った。

その時、そのまま私は口にした。

「けんちゃん、かわいいね」

ケントはちょっと嬉しそうな顔をした。

その時、私の心に広がった温かで、優しい思いは今もよく覚えている。

何年ぶりだろう?

ケントをかわいいって思ったのは……

本当に嬉しかった。

仕事から、帰った夫にそのことを言うと「それは、良かったね」と言った。

夫は知っていた。

私が長男のことをずっと、かわいいって思えずに苦しんでいた事を……

でも夫は放っておいてくれた。

「それは、良かったね」の一言に、夫の思いが感じられた。

かわいいと思えてから

それからもケントとの格闘は続いたけど、心の奥に「けんちゃん、かわいいね」はいつもあった。

今年、ケントが家を出るときに、二人でハグをして「あー、私の思いはケントに伝わっていたなぁ」って思った。

14年前、夫に電話をした時に、「そんなことで、電話するな」と言われていたら、私の心はボッキリと折れていただろう。

「そんな辛い思いを、おまえだけにさせているおれが悪い」

その理解が私を救った。

何度も繰り返すが、「愛と理解」なんだと思う

 

イベントを追加しました。近日と10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

ご相談

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

かわいいと思えた” に対して2件のコメントがあります。

  1. 藤田麻衣子 より:

    朝のニュースで中2の女の子が自殺した、とやっていました。明日から新学期だし、うちにも中2の不登校娘がいるので他人事ではなく、「おうちにいていいんだよ」の記事とても良かったので、アメブロでリブログさせて頂きました。

    中2の娘、小6の息子(どちらも不登校、発達障害)が将来、堀内さんのお子様方のように自分に自信を持ち、好きなことを仕事にしながら生きていけるといいなぁと日々感じながら読んでいます。

    1. 堀内祐子 より:

      コメントをありがとうございます。
      お家でのんびりできる環境であることは幸せなことです。
      家にいる選択肢があることをもっともっと伝えて行きたいです。
      子どもはどこにいてもちゃんと育って行きます(*^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です